製品情報 Product information

液体窒素ジェネレーター (液体窒素発生装置)


液体窒素ジェネレーターは細胞などのサンプルを保存する液体窒素凍結保存容器に接続し液体窒素の供給が可能です。また、バックアップ電源を取り付けることにより、災害時に電源供給なしに液体窒素の供給が可能です。
用途
各民間企業や大学研究所など、細胞・組織・ワクチンなどの凍結保存容器に使用されております。
・iPS細胞
・畜産関係の人工授精サンプル保管
・腫瘍細胞や組織、培養株細胞
・精子や受精卵
・リンパ球・血小板・骨髄・白血球
・動物の臓器・神経細胞
・バクテリア・ウイルス
・植物の種子

液体窒素ジェネレーター (液体窒素発生装置) は電気・冷却水・窒素ガスを供給することに より、液体窒素を発生させることが出来ます。 また、発生させた液体窒素は本体内のタンクへ貯蔵し、いつでも好きなとき に液体窒素を取り出すことが出来ます。
(岩谷瓦斯社 低温機器製品 継承)
窒素ガスの供給方法
液体窒素ジェネレーター (液体窒素発生装置) には窒素ガスの供給が必要です。お客様の状況により、1.窒素ガス支給、2.エア支給、3.窒素ガス発生装置の3つの方式から選択が可能です。(オプションで自動供給も可能です)
窒素ガス供給方法比較表

推奨度 方式 スペース イニシャル ランニングコスト メンテナンス
1 窒素ガス支給 不要 不要 窒素ガス代 不要
2 エアー支給 150×300×800mm 必要 エア代 1年/回
3 窒素ガス発生装置(PSA) 380×440×850mm 必要 電気代 1年/回

この製品のお問い合わせは、京都工場(電話:0774-28-5595)までお願いいたします。
メールでのお問い合わせはこちらから