会社概要Company

概要・沿革

アルバック・クライオ株式会社

真空技術の利用は、研究開発面においても、各産業分野においても、近年とみに多様化しつつあります。なかでも表面にかかわる研究や、半導体工業、電子工業などでは、いわゆる「質の高い真空」への要求が増大しています。

真空を創る真空ポンプにおいても、クライオポンプ、ターボ分子ポンプ、ドライポンプなどが、この目的に沿って、開発改良されてきました。

当社は、株式会社アルバック(旧 日本真空技術株式会社)と米国ヘリックス・テクノロジー・コーポレーション(CTI)(現 Brooks Automation,Inc.) との共同出資、技術契約に基づく合弁会社として設立され、国内のクライオポンプの販売高では40%を誇るトップ企業として、クライオポンプの開発・製造・販売及びメンテナンスサービスを提供しています。

名 称 アルバック・クライオ株式会社
(ULVAC CRYOGENICS INCORPORATED)
本社・工場 〒 253-0085
神奈川県茅ヶ崎市矢畑1222-1
電話番号(ダイヤルイン)
 営業    :0467-85-8884
 サービス技術:0467-85-9366
 生産管理  :0467-85-9505
 総務    :0467-85-0303
 技術    :0467-85-8883
FAX番号:0467-85-9356

アクセス・マップ(PDF・368KB)

京都低温技術開発センター
/京都工場
〒 611-0041
京都府宇治市槇島町目川140-1
電話:0774-28-5595(代表) FAX: 0774-20-2201
大阪支店 〒 532-0003
大阪府大阪市淀川区宮原3-3-31 上村ニッセイビル
電話:06-6397-0112(代表) FAX:06-6397-0126
設 立 1981年10月1日
資 本 金 5,000万円(2015年4月現在)
従 業 員 数 104名(2015年4月現在)
代表取締役社長 石黒 雅彦
事 業 内 容 クライオポンプと極低温機器ならびにその周辺機器の製造販売。
環 境 南に陽光輝く湘南の海、屋上からは西に秀麗富士山を望める温暖な茅ヶ崎にあります。真空技術と極低温技術の結晶のクライオポンプのトップメーカーとして、ハイテクノロジー産業に寄与しています。
若い技術者が研究開発に、製造技術に思う存分責任をもって挑戦しています。そして産業人として、社会人として伸びていくことを期待します。
社 訓 1.社業を通じて、社会、人類の発展に貢献を。
2.お客様に満足を。
3.株主に報い、パートナーと共存共栄を。
4.社員の人生の幸福を。
関 連 会 社 韓国
ULVAC CRYOGENICS KOREA INCORPORATED
URL:http://www.ulvac-cryo.co.kr/
107, Hyeongoksandan-ro, Cheongbuk-myeon, Pyeongtaek-si, Gyeonggi-do, Korea, 17812
電話: +82-(0)31-683-2926 FAX:+82-(0)31-683-2956
中国
ULVAC CRYOGENICS (NINGBO) INCORPORATED
1-2 Floor, Shuguang Building, No.6 Jingyua Road, Ningbo National Hi-Tech Zone, Ningbo, 315040, China
電話: +86-(0)574-8790-3322 FAX:+86-(0)574-8791-0707
グ ル ー プ 株式会社アルバック
アルバックテクノ株式会社
日本リライアンス株式会社
アルバック成膜株式会社
アルバック機工株式会社
アルバック・ファイ株式会社
アルバック・クライオ株式会社
株式会社昭和真空
アルバック販売株式会社
株式会社イニシアム
タイゴールド株式会社
その他、 ULVAC GROUP各社